2015年07月24日

夏休み〜!

小学校の夏休みが始まりました晴れ

去年までは、夏休みか〜自分の時間がなくなるな〜という感じでしたが、今年はなんだか違います。
朝のラジオ体操に始まり、地区の球技大会の練習、学校のプールや図書館開放日、友達と遊ぶ約束など、娘の方が忙しそうです(笑)
小学生になった時、すごく手が離れたように感じましたが、2年生になってまたぐっと成長したように感じます。
本人が、さっさと身支度して積極的に出かけていくので、私はひたすら体調を心配していますあせあせ(飛び散る汗)
ちゃんと食べさせて、ちゃんと寝させなきゃ!ってw


先日、10周年記念用のギフトボックスの印刷見本があがってきましたかわいい
150724aweb.jpg
ポイントとなるリボンの赤に合わせて、本体カラーを選びます。
小さな色チップでは微妙な違いでも、全体の色になると印象がずいぶん変わります。
渋すぎず、派手すぎず・・・リボン

作業する私の横では、娘が気合いを入れて夏休みの工作を作っています。
150724bweb.jpg
去年は仕上げられず、提出できなかったので、今年は絶対完成させるぞと、初日から大張り切りでした(笑)
先月、松山庭園美術館で見た、粘土の猫たちの食堂の作品をすごく気に入って、紙粘土の猫たちの教室(給食の時間)を作るそうです猫
あまりハードルを上げすぎず、今年こそ完成させて欲しいです☆


暑い毎日、猫たちも涼しい場所を見つけてごろごろしています。
150724cweb.jpg
母屋の方は、クロス張りはあっという間に終わり、左官屋さんと設備屋さんが出入りしています。
照明器具やカーテンなど、細かいものの注文もしました。
11年間お世話になったアパートの方も、少しずつ片付け始めています。
いらないものは処分、必要なものを段ボールにしまいながら、新しい家ではあそこにしまおう…などと妄想。
最近の私の口癖、「あ〜早く引っ越ししたい〜exclamation×2」(笑)


posted by manami at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

『ネコのタクシー アフリカへ行く』

以前、猫のイラストに一目惚れして購入した児童書『ネコのタクシー』猫
少し前に、娘が図書館で同じシリーズの本『ネコのタクシー アフリカへ行く』を借りてきて、児童書ながらものすごく納得してしまう言葉がたくさん出てきたので、紹介したいと思います☆
nekotaxiweb.jpg

ランスさんという人間と暮らす猫トムは、猫のタクシーの仕事をしています。
ある日、アフリカのサルの王からトムに招待状が届きます。
トムはサルの王に会うため、ランスさんと一緒にアフリカへ冒険の旅に出るというお話です。

サルの王は、“人間は動物たちにとって、もっともおそれる生き物であり、なにをしてるのか、すごく見たい生き物である”と思っていました。人間のことを知りたくて、人間と暮らすトムに、なぜ猫は人間と暮らすのか聞きたいと思い、招待したのでした。
サルの王はトムに会うと、以前会った利口な猫、ドクター・ジョン(トムの父)に言われたことを話します。
「ドクターは、人と動物のあいだにいる生き物がネコなのだという。人間という生き物のことは、ネコを知ればわかるともいう。じぶんという生き物を知ることはたいせつであるが、いちばんむずかしい、であるからちがう生き物を知れと。」そして、ネコはなぜ人間と生きるのか聞きます。
トムは答えました。
「ぼくは、ランスさんと暮らしています。それは、おたがいがひつようとしているからだと思います。」
トムの話を聞いてサルの王が導き出した答えは…
「ひつようとされる生き物同士なのであるか、人間とネコは。ならば、サルは人間をひつようとしないであろう、サルにひつようなのは、森である」

トムが冒険によって手に入れたものも素晴らしいけれど、それだけでなく、物語のあちこちに、人間と動物のこと、猫のこと、夫婦のことまでメッセージがたくさんちりばめられていて、心に残るお話でした。
“人と動物のあいだにいる生き物”って、すごく不思議な言葉だけど、確かにそれが猫なんだと思いました。
そして、サルは人間を必要としないという言葉も…
サルだけでなく、地球上のほとんどの生き物がそう思っているかもしれません。
そんな中、人間を必要としてくれている猫に、ますます思いを寄せてしまいます。

1冊目の『ネコのタクシー』のお話では、野良猫だったトムがランスさんと出会い、助け合いながら一緒に暮らすお話が書かれています。
なのでトムはアフリカで出会った動物に、「ネコは、人と暮らす動物です。ぼくは、人と暮らすようになって幸せになったんだ。」と話します。
トムの言葉が、世界中の飼い猫代表の言葉だとうれしいですね(*^_^*)

調べてみると、作者の南部和也さんは獣医師さんとのこと。
心に残る言葉の数々も、納得です。
他にも、トムのお父さん、ドクター・ジョンが主人公のお話もあるようなので、読んでみたいと思いまするんるん


posted by manami at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

お祝いムードで♪

先月描いていた、Ribbon Cat 10周年記念のイラストを使って、少しずつグッズを作っていますハートたち(複数ハート)
10th1web.jpg
“10”のキャンドルのケーキでお祝いムードのリボンキャットたちバースデー
でも食べたいのはケーキじゃなくて…exclamation&questionなんて(笑)

アニバーサリーイヤーには、1年を通して記念グッズを販売いたします☆
カラフル&わくわくするようなグッズで、リボンキャットたちと皆さまと一緒に、お祝いムードを楽しみたいと思っていますかわいい
第一弾は8月中頃、シールや缶バッチ、Ribbon Catのギフトボックスに入ったハンドメイドのキャンドルを発売予定ですぴかぴか(新しい)
そして、アニバーサリーイヤーの最後には、甲府での個展を企画しています!

最近は娘と、リボンキャットの雑貨に出てくる5匹の猫、ネズミ、小鳥たちがケーキを囲んでわいわいやっているのを想像して楽しんでいます(笑)
それぞれが、私に言いたいことがあるとしたらこんなことかな〜とか猫
トラ猫は出番が少ないな〜とか、白猫は黒猫にいじめられてばかりだよ〜とか、ネズミと小鳥はいつも猫に狙われてて寿命が縮むよ〜とか(笑)

娘がお待ちかねの、今年2月のギフトショーでお披露目したぬいぐるみも、メーカーさんから10周年には間に合うよう進めていますと連絡がありました♪
そちらも楽しみに待っていてくださいね揺れるハート


posted by manami at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト・デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

もう一息!

6月中は、大工さんの細かい仕事が続いていました家
壁にボードが貼られると、どんどん部屋らしくなってきましたぴかぴか(新しい)

親世帯の和室には掘りごたつの穴が。こたつは棟梁が作ってくれるそうですグッド(上向き矢印)
窓の外には立派な濡れ縁も。
15ie12web.jpg

前の家の仏間で腐りかけていた大きな神棚も、大工さんの手で再生exclamation×2
神様も喜んでくれるかな〜☆
それにしても、大工さんって何でも作れるんだなとびっくりです目
10ie11web.jpg

子世帯2階の洗面ボウルは、私の希望で、筆やバケツなどガンガン洗える大きなものに。病院用流しと言うみたいあせあせ(飛び散る汗)
1階LDKには、私には大きすぎるキッチンも入りました。
(みんなお料理しにきて〜!!)
15ie10web.jpg
棟梁のアイデアで、キッチン横の壁に洗面台とお揃いのタイルを貼ることにかわいい
娘に体験させてくれると言うので、去年タイル工房で絵付けしたタイルを持っていくと、おもしろいから使おうと。
家族3人で描いたタイルをランダムにペタペタ。
キッチンがとても可愛くなりました(*^o^*)ハートたち(複数ハート)
(夫が書いた怪しい漢字シリーズは却下しましたw)

猫用キャットウォークは、階段吹き抜け部分にもステップができ、手すりまで上っていけるようになりました猫
うちの子たち、ここ歩くのかな!?と、想像するだけでワクワクしてしまいます♪
15ie13web.jpg


6月末で、大工さんの仕事はほとんど終わり、今月からクロス屋さんと左官屋さんが来ています。
クロスはたくさんありすぎて悩みましたが、やっぱり猫用に汚れや傷に強いものに。
効果はどうかな〜?
親世帯の居間と和室は塗り壁ですが、その他はクロスに。
遊び心を出した義父母が青空や星空のクロスを選ぶと、工務店社長や棟梁に却下されてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)この家には合わないでしょ〜って(笑)
そりゃそうだと内心ほっとした私…これも思い出ですねww

順調にいけば、夏休み中に完成できるかもということです!
人生最後のお引っ越しかな(笑)
今年の夏は忙しくなりそうだ〜ダッシュ(走り出すさま)


posted by manami at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする